自動車を廃車にしたときにすることとは?

廃車に必要な費用とは

廃車に必要な費用とは廃車する場合には処分するための費用が必要になり、具体的には解体費用と抹消登記費用が必要です。
解体の料金は、持ち込みすることができればレッカー代などが不要ですが、レッカー移動が必要な場合には1万円ほど必要です。
一方で解体するとスクラップ代金として、反対にお金がもらえます。
普通自動車であれば1万円から3万円程度で、軽自動車では3千円から1万円です。
このためレッカー移動をしてもらってもお金を貰えるケースがあります。
ただしスクラップの価格は変化しており、相場が低い時は処分費が必要になります。
陸運局または軽自動車検査協会への抹消登録を行う場合に自身が書類申請を行えば、印紙代として350円で行うことができますが、行政書士に依頼した場合には2千円から1万円程度必要になります。
なお永久抹消登録を行うためには、解体したことを証明する書類が必要になります。
いずれにしても廃車をするための支払うべき費用は8千円から3万円程度となり、その時の鉄価格の相場によって有料で処分するか無料で処分するかが変わってきます。

廃車とリサイクル料金

廃車にするにあたっては、車両を解体して、部品をリサイクルに回すための料金がかかるのは当然です。
しかし、かつては料金を安くして顧客をつのり、実際には廃車にした自動車の部品をリサイクルせずにそのまま不法投棄してしまうといった問題が多発していました。
このようなことから、リサイクルに必要な負担を自動車のオーナーに求めるとともに、不法投棄などを防止して、環境にやさしいしくみをつくるため、自動車リサイクル法とよばれる法律があらたに制定されることになりました。
この法律によって、現在では、自動車を購入するときにリサイクル券とひきかえとしてリサイクル料金を預託することになっています。
その料金設定については、地球温暖化の原因であるフロンガスを含むエアコン、爆発のおそれがあり取り扱い注意なエアバッグをどれだけ装備しているかや、自動車の種類や年式などによって、個別の違いがあるため、メーカーのホームページなどで確認することが必要です。