自動車を廃車にしたときにすることとは?

車の廃車手続きの必要書類とは

車の廃車手続きの必要書類とは 車の廃車手続きを行う場合、永久抹消登録と一時抹消登録、解体届けといった三つの手続きを行う必要があります。
永久抹消登録を行う時には、自動車検査証とナンバープレート2枚、所有者の実印と印鑑証明書1通、自動車リサイクル券解体業者から通知された「解体に係る移動報告番号」と「解体報告記録日」、申請書、銀行名・支店番号・口座番号の振込先情報などの書類が必要です。
一時抹消登録を行う場合は、自動車検査証とナンバープレート2枚、所有者の実印、印鑑証明書1通、申請書、手数料納付書、銀行名・支店番号・口座番号の振込先情報が必要になっています。
廃車または解体届けの手続きを行う場合には、解体届出書、一時抹消登録証明書、自動車リサイクル券、印鑑、銀行名・支店番号・口座番号の振込先情報が必要になっています。
一時抹消登録証明書は一時抹消登録を行わないと手に入らないので、先に手続きをしておきましょう。
手続きによってそれぞれ必要な書類や持ち物が異なっているので、事前に確認してから行うようにしましょう。

スムーズな車の廃車手続きのやり方

長い間使っていた愛車の廃車手続きとなればの、自分で行いたいというのが人情ですので、素人が自分で行いたいと考えることもあり、それ自体は無理ということもないのですが、手間暇がかかることを考えれば、リサイクルを行っている業者に依頼するのが、最もスムーズなやり方ということができます。
もちろん、リサイクル業者というのは、リサイクルだけを行うところではなく、中古車の引き取り・販売も行うところです。
年数がかなり経っている車とか、あちこちに傷がついているとか、事故の経歴があるとかいう場合は、ほとんど売り値がつかないということもあります。
単純な言い方をすれば、廃車にするしかないというケースもあります。
でも、良くしたもので、どんなに古い車でも再利用の道があることも確かなのです。
結局、何もお金は入らないで、出る費用だけが抑えられたという結果になることもありますが、自分だけで廃車手続きをしようとすれば、余計なお金がかかることも確かですから、それと比べればはるかにメリットがあるということになります。