自動車を廃車にしたときにすることとは?

廃車の手続きの仕方は三種類あります

廃車について 車を使用しなくなったり一時的に使用を停止する際には廃車手続きをしなければいけませんが、その方法は三種類あります。
永久抹消登録、一時抹消登録、解体届けの三つの方法がありそれぞれで必要な書類が違います。
永久抹消登録はすでに解体されていたり災害などにより使用できなくなったときに行なう方法で、お店に依頼する方法と自分で行う方法があります。
一時抹消登録は一時的に使用しなくなったときの方法になり、お店に依頼か自分で行う方法があります。
解体届けは一時抹消登録をした車を解体した際に行なうもので、これも同じようにお店でも自分でも行うことができます。
永久抹消登録と一時抹消登録をお店に依頼するときは書類がほぼ同じで印鑑証明に委任状、車検証とナンバープレートになり永久抹消登録はさらに移動報告番号と解体報告記録がなされた日のメモ書きが必要になります。
廃車登録の手続きはお店に依頼する場合と自分で行う場合とで必要な書類が違うので、手続きをする際は間違えないようにしましょう。

廃車が確定するのはどんな場合?

自動車事故は起こしたくて起こす人はまずいないでしょう。
しかし、どんなに注意をしていても起こってしまう時は起こってしまうのです。
事故の際、一番は身体の心配ですが、次に頭によぎるのは車のことです。
事故で車を廃車にした、ということを聞いたことはありませんか。
では、一体どんな時に廃車が確定するのでしょうか。
破損した個所を修理するとその修理の大きさや内容によって修理代がかかります。
もちろん、大きな傷を修理するとその分修理代は高額になります。
その車の価値よりも、修理代の方が高くつきそうな状態のことを全損と言い、全損の場合は廃車とするのが一般的とされています。
廃車が確定した後、手続きを進めていくことになりますが、まだ買ったばっかりの車や人気の車の場合、状態にもよりますが買取りをしてもらえる場合があります。
気になる方は、事故車が買い取ってもらえるのか、またどのくらいの金額で買い取ってもらえるのかを事前に確認するとよいでしょう。