自動車を廃車にしたときにすることとは?

車の廃車の手続き

車の廃車の手続き廃車する場合には処分するための費用が必要になり、具体的には解体費用と抹消登記費用が必要です。
解体の料金は、持ち込みすることができればレッカー代などが不要ですが、レッカー移動が必要な場合には1万円ほど必要です。
一方で解体するとスクラップ代金として、反対にお金がもらえます。
普通自動車であれば1万円から3万円程度で、軽自動車では3千円から1万円です。
このためレッカー移動をしてもらってもお金を貰えるケースがあります。
ただしスクラップの価格は変化しており、相場が低い時は処分費が必要になります。
陸運局または軽自動車検査協会への抹消登録を行う場合に自身が書類申請を行えば、印紙代として350円で行うことができますが、行政書士に依頼した場合には2千円から1万円程度必要になります。
なお永久抹消登録を行うためには、解体したことを証明する書類が必要になります。
車の廃車の手続きには大きく分けて2通りあり、一時抹消登録と永久抹消登録に分かれます。
お持ちの車を完全に手放して解体処分を行いたい場合は、永久抹消登録という方法で廃車を行います。
一時抹消登録という方法は車の処分は行わないが長期間使用しない場合に課税されないために、一時的に使用を中止する時に行います。
廃車の際に解体を行えば、解体届出書を提出することになりますが、自分自身で永久抹消登録の手続きを行う場合には必要となる書類です。
自分で行う場合に必要な書類には車検証や印鑑証明書、委任状、そして永久抹消登録に必要となる申請書を記入し登録のある陸運局に提出します。
車を解体した時は車体の前後に付いていたナンバープレートも合わせて提出します。
廃車の手続きが終わりましたら自賠責保険料の払い戻しを行います。
陸運局で必要書類をすべて提出したら自賠責保険の解約を行い、加入している保険会社に連絡をして返還を行います。
自賠責保険料は有効期間に応じてその期間分の返還が行われます。

車の廃車の手続きにつまづかない為に

所有している車を処分するには、まだ走行ができる分には売却が可能ですが、走行が不可能で価値が出ないものにはいくらかの手数料を支払いながら解体による廃車を行うことになります。
車の廃車手続きは、すでに車を所有していなくても陸運局では所有していることになっていることから登録自体は残っているため、その登録自体を抹消することを指します。
この抹消登録を行ってつまづかないためにも、手続きの流れを理解しておく必要があるのです。
廃車の手続きには永久抹消登録または一時抹消登録が必要となり、その方法によって若干の違いはありますが所有者が行うのは基本的に同じ手法となります。
抹消したい車のナンバープレートや必要書類を揃え、普通自動車の場合は運輸支局、軽自動車であれば管轄の軽自動車検査協会へと足を運び、登録申請書や手数料納付書などに記入することで廃車手続きを終えることができます。
手続き自体はそう難しくはありませんが、わざわざ足を運ぶのが難しい人も多いので、代行業者に頼むという方法もあります。