自動車を廃車にしたときにすることとは?

廃車するくらいなら買取がお得かも

廃車するくらいなら買取がお得かも廃車する場合には処分するための費用が必要になり、具体的には解体費用と抹消登記費用が必要です。
解体の料金は、持ち込みすることができればレッカー代などが不要ですが、レッカー移動が必要な場合には1万円ほど必要です。
一方で解体するとスクラップ代金として、反対にお金がもらえます。
普通自動車であれば1万円から3万円程度で、軽自動車では3千円から1万円です。
このためレッカー移動をしてもらってもお金を貰えるケースがあります。
ただしスクラップの価格は変化しており、相場が低い時は処分費が必要になります。
陸運局または軽自動車検査協会への抹消登録を行う場合に自身が書類申請を行えば、印紙代として350円で行うことができますが、行政書士に依頼した場合には2千円から1万円程度必要になります。
なお永久抹消登録を行うためには、解体したことを証明する書類が必要になります。
事故や故障で動かない車や、年式が古くて中古車店で買い取ってもらえない車を処分したい場合、かつては廃車にするのが一般的でした。
多くの方がディーラーに廃車を依頼し、お金を払って処分していましたが、現在ではそういった車を積極的に買い取ってくれる専門業者が増えてきています。
事故車や不動車、年式が古い車や走行距離が多い車は国内では中古車としての商品価値が無いので、一般的な中古車店では断られてしまうことがほとんどです。
しかし、日本車は古くても性能が良い為、海外ではかなり重宝されています。
廃車買取を専門に行っている業者は、こうした車を海外に販売するルートを持っているので、事故車や古い車でも値段を付けて買い取ってくれます。
こうした買取は査定額が二束三文だと思われがちですが、車種や状態によっては思わぬ高値で買い取ってもらえるケースも少なくありません。
お金を払って廃車にしてしまう前に、専門業者に買取を依頼してみましょう。

できるだけ安く廃車をする方法

車を廃車にするとき、最も手間がかからないのは、専門の業者に依頼をするということです。
ところが、専門の業者に依頼をするとコストが高くなってしまうというデメリットがあります。
自分で廃車手続きをするとコストを節約することができますが、運輸支局まで永久抹消登録をしに行かなくてはならないので手間がかかります。
すでに車検の期間がすぎている場合には、仮のナンバープレートを発行してもらわなくてはなりません。
自分で手続きをすることが一番安く廃車をする方法となりますが、実は裏技的な方法も存在しています。
それは、中古車買取り業者に依頼をするということです。
故障をしている車、エンジンがかからないような車、車検が切れていて公道を走れないような車などでも、中古車買取り業者が買取りしてくれるケースがあります。
絶対に買取りしてもらえるというわけではないので、一括査定サイトなどを利用して複数の業者に査定をしてもらいましょう。
廃車にするしかないような車でも、パーツに価値があるので買取りをしてもらえる可能性があります。